ダイエット効果UPする取り入れ方

| 未分類 |

ダイエットには時々大きな話題になる方法が現れては消えますが、基本的には「消費カロリー>摂取カロリー」の関係になるよう生活習慣を改めることです。そしてあっという間に効果が出るという方法も時折話題になりますが、やはり無理をしたり極端な方法に走ると必ずリバウンドします。例えば体重1kgを減らすためのカロリー消費は7700kcalです。一方、食事制限をして減らせる量は1日せいぜい200kcal、有酸素運動を行って減らせる量は1日100kcal、合わせて300kcalです。体重1kgを減らすのには26日かかるということになります。悠長に思われるでしょうか。であればすぐにでも始めるべきなのです。

 

 

まず第一に行うのは、やはり食事制限です。理想体重を求めておいて、その体重を維持するのに必要なカロリー摂取量を決めます。そしてその範囲で食事をとることです。その中には乳酸菌と食物繊維を出来るだけ入れましょう。便秘体質の改善になりますし、肌の健康増進にもなりますから、効果UPです。

 

 

食事制限が出来れば新たな体脂肪は増えません。そして既に蓄積された体脂肪は、有酸素運動で効率的に燃焼させます。有酸素運動の効果UPには、タイミングが重要です。朝食前がお勧めで、このタイミングでは血糖値が最も低くなっています。すると少量の糖を速やかに分解し、次に体脂肪の分解に向かいます。血糖値が高いタイミングでは、運動を長時間行っても糖の消費に時間が掛かり、脂肪の分解に至らないのです。

 

 

そして筋力トレーニングを行いましょう。筋力がつくと基礎代謝が上がり、痩せる体質になります。1kgの減量にかかる26日を短縮することができます。